sea moon

道産子女の一人旅。~ときどき2人~

高速船トッピーでゆく!太古の島、屋久島上陸 ~台風接近で海は大荒れ~ 

 

2014/10/9

 

台風19号が接近している中、屋久島上陸を目指して鹿児島空港に到着。

 
鹿児島空港から屋久島へのアクセスは、JALを乗り継いで空から行くか、港まで出て高速船・トッピーで海から行くか。
 
今回の旅ではトッピー利用を選択。
 
トッピー利用のメリット
◆飛行機より安い
◆鹿児島でちょこっと観光ができる
◆海路ではるばる「やっと着いた感」を感じられる
 
という事で、荷物を受け取って空港の外へ出ると、足湯を発見!
空港でいきなり温泉を楽しめるとは。
 
鹿児島市内へのバスを待つ間、しばし足湯に浸かりながら休憩。
 
市内へのバスは10分毎に出ているのでとても便利。
片道1,250円で50分ほどの道のり。
 
高速船乗り場までダイレクトに乗っていく事も出来たけど、時間があったので鹿児島中央駅で途中下車。
 
駅前に、青年達の銅像がそびえ立つ。
 

f:id:tabi-kurage:20190423134623j:plain

 

薩摩藩の命令で、法律を破って海外へ留学に出た青年達との事。
(当時は鎖国中で、海外に出るのは罪だった)
 
帰国後は、各々活躍したみたい。
若いのにすごい。。
 
鹿児島といえば黒豚。
鹿児島中央駅からすぐの「薩摩黒豚亭」でランチ。
 
f:id:tabi-kurage:20190423134837j:plain

f:id:tabi-kurage:20190423134832j:plain

 

さくさくで美味!
 
噛むたびに「サクッ」って音が!
 
 
お腹一杯になって、町を散策すると「大久保利通」さんに遭遇。
バックの緑との調和がカッコイイ。
 

f:id:tabi-kurage:20190423134908j:plain

 
植物からも南国を感じる。
場所は市電「高見橋駅」の近く。
 
 
「高見橋駅」から市電で「いづろ通り駅」まで行くと、「坂本龍馬とお龍」。
町に溶け込んでいていて、普通にお散歩しているみたい。
 

f:id:tabi-kurage:20190423134939j:plain

 
ここから歩いて高速船乗り場へ。
 
 
気になる今日の運行状況は...
「条件付き運行」!
 
条件付き運行とは、「一応出発はするけど、状況をみて引き返すかもよ」という意味。
 
行き先も、「安房港へ直行」から「宮之浦港へ種子島経由」に変更。
安房港へは波が高すぎて行けないみたい。
 
宮之浦から安房へバス移動が必要になってしまったけど、屋久島へ行けるだけマシだよね。
 
 
午後4時。
ドキドキしながら出発。。
 

f:id:tabi-kurage:20190423135122j:plain

 
 
トッピ―は指定席制で、乗り場で1階か2階の好きな席を指定。
 
船内に入ると、席に着いてシートベルト。
トイレや自動販売機があるけど、必要な時以外は出歩いてはいけないと言われた。
遊覧船の様にデッキで和んだりしながら行けるのかと思ったので、ちょっと残念。
 
しかも台風接近の影響で波が高すぎて船酔い。
「ひたすら寝る!」という対策で2時間半の船旅を乗り越える。
 
天気が良ければ、桜島も綺麗に見えるんだろうな~。
 

f:id:tabi-kurage:20190423135204j:plain

 
そして午後6時30分。
無事に屋久島に上陸!。
 
トッピ―7号、ありがとう。
 

f:id:tabi-kurage:20190423135218j:plain

 
バスの最終便が7時5分。
 
40分程で、安房港に到着。
まだ8時前だというのに、もう町は眠っていた。
島の夜は早い!
 
宿は、民宿「ホテル オーベルジュ」
 
港変更で、予定より大分遅れてしまったけど、優しく出迎えてくれた。
ご飯もすぐに用意してくれた。
 

f:id:tabi-kurage:20190423135431j:plain

f:id:tabi-kurage:20190423135434j:plain

 
お腹一杯になり、明日の「縄文杉」に備えて早めの就寝。
 
滞在中どうなるかは分からないけど、とりあえず島に入れてよかった。
 
おやすみなさい。